2015年2月25日水曜日

LinuxへのWordPressのインストール(1)

WordPress導入の手順をまとめておきます。
まずはWordPressを動かすのに必要なLAMP環境を構築します。

【1.Apacheのインストール・設定】
インストール実行
# yum -y install httpd

HTTPポート(80番ポート)を開放して外部からの接続を許可します。
# vi /etc/sysconfig/iptables

-A INPUT -i lo -j ACCEPT

-A INPUT -m state --state RELATED,ESTABLISHED -j ACCEPT

-A INPUT -s 122.208.42.218/32 -j ACCEPT

-A INPUT -p tcp -m state --state NEW -m tcp --dport 80 -j ACCEPT ←ココ!

-A INPUT -p tcp -m state --state NEW -m tcp --dport 443 -j ACCEPT

-A OUTPUT -o lo -j ACCEPT


ファイヤーウォールの設定を反映します。
# /etc/init.d/iptables restart

iptables: ファイアウォールルールを消去中:                  [  OK  ]

iptables: チェインをポリシー ACCEPT へ設定中mangle filter n[  OK  ]

iptables: モジュールを取り外し中:                          [  OK  ]

iptables: ファイアウォールルールを適用中:                  [  OK  ]


Apacheを起動します。
# /etc/init.d/httpd start

httpd を起動中:  [  OK  ]



サーバー起動時にApacheを起動しておくよう設定します。

# chkconfig httpd on


【2.MySQLのインストール・設定】
インストール実行
# yum -y install mysql-server

MySQLを起動します。
# /etc/rc.d/init.d/mysqld start

MySQL データベースを初期化中:  Installing MySQL system tables...

OK

Filling help tables...

OK



To start mysqld at boot time you have to copy

support-files/mysql.server to the right place for your system



PLEASE REMEMBER TO SET A PASSWORD FOR THE MySQL root USER !

To do so, start the server, then issue the following commands:



/usr/bin/mysqladmin -u root password 'new-password'

/usr/bin/mysqladmin -u root -h v5364.vir.kagoya.net password 'new-password'



Alternatively you can run:

/usr/bin/mysql_secure_installation



which will also give you the option of removing the test

databases and anonymous user created by default.  This is

strongly recommended for production servers.



See the manual for more instructions.



You can start the MySQL daemon with:

cd /usr ; /usr/bin/mysqld_safe &



You can test the MySQL daemon with mysql-test-run.pl

cd /usr/mysql-test ; perl mysql-test-run.pl



Please report any problems with the /usr/bin/mysqlbug script!



                                                           [  OK  ]

mysqld を起動中:                                           [  OK  ]


サーバー起動時にMySQLを起動しておくよう設定します。
# chkconfig mysqld on


【3.PHPのインストール・設定】
インストール実行
# yum -y install php

タイムゾーンの設定を行います。
# vi /etc/php.ini

; Defines the default timezone used by the date functions

; http://www.php.net/manual/en/datetime.configuration.php

#ini.date.timezone
date.timezone = "Asia/Tokyo"

一旦、サンプルスクリプトを書いて表示してみます。
# cd /var/www/html/

# vi index.php



<?php

  phpinfo();

?>





















ApacheとPHPが動いていることは確認できました。
次回はいよいよWordPressの設定に入ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿