2014年4月18日金曜日

Red5用のEclipse Plugin導入

Red5はJavaで作られているため、Javaでコンパイルできる環境を作る必要があります。
EclipseにはRed5のプラグインが用意されていますのでそちらを導入したいと思います(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン

まずはEclipseを起動して
Help > Install New Software を選択してインストール画面を開きます


手順2.Eclipseプラグインのインストール


Addを押して、「Add Repository」画面を開きます。

Nameに「red5」
Locationに「http://www.red5.org/downloads/projects/red5plugin/update_0.2.x/」を入力して、「OK」を押します。

「http://trac.red5.org/chrome/site/projects/red5plugin/update_0.2.x/」は
使えなくなっているそうなので、
URLに「http://www.red5.org/downloads/projects/red5plugin/update_0.2.x/ 」もしくは、
「 http://www.red5.org/downloads/projects/red5plugin/update_0.2.x/」を指定してあげます。





一覧に表示された「General」をクリックして、「Red5 Feature」を押します。



インストールの詳細画面が表示されるので、「NEXT」を押します。



ライセンス画面が表示されるので、同意して、「Finish」を押します。




途中で、セキュリティの警告が出るので「OK」を押します。
※署名なしのインストールファイルが表示される



インストールが完了したら、Eclipseの再起動を求められるので「Yes」を押します。


これで、プラグインのインストールが完了したので、
次は、Red5用のプロジェクトを作成します( ´∀`)bグッ!

以上です(`・ω・´)ゞビシッ!!

参考URL

0 件のコメント:

コメントを投稿