2013年10月29日火曜日

Fragmentを使ってみる(ライフサイクルについて)

今回は、Fragmentのライフサイクルを確認したいと思います( ̄ー ̄)ニヤリ
基本的にアクティビティと同じみたいですが、一部追加されているものがあるみたいです。

各メソッドは次のようになっています。

基本的にはこちらの記事を参考にしてありますъ(゚Д゚)グッジョブ!!
2.02. Activity と Fragment

・onAttach(Activity)
Activityに関連付けされた際に一度だけ呼ばれる。
フラグメントがアクティビティと関連付けされたときに呼び出される(ここにActivityが渡される) 。

FragmentがActivityに対して何らかのコールバックを提供する場合、
Activity が必要なインタフェースを備えているかどうかチェックした方が良い。
public class MainFragment extends Fragment {
    private FragmentCallbacks mCallback;
    
    @Override
    public void onAttach(Activity activity) {
        super.onAttach(activity);

        try {
            mCallback = (FragmentCallbacks) activity;
        } catch (ClassCastException e) {
            // Fragment が組み込まれる先の Activity に対して、FragmentCallbacks インタフェースの実装を要求する為
            // キャストに失敗した場合は、実行時例外としてプログラムのミスであることを示す 
            throw new IllegalStateException("activity should implement FragmentCallbacks", e);
        }
    }

    public static interface FragmentCallbacks {
        public void onHogehoge();
    }
}
・onCreate(Bundle)
Fragmentを構築する状態。
Fragmentがユーザに見える状態になるまで保持しておくべきコンポーネントの初期化を行う

・onCreateView(LayoutInflater, ViewGroup, Bundle)
Fragmentが持つViewを構築する状態
//Viewを持つFragmentの場合
public class MainFragment extends Fragment {
    @Override
    public View onCreateView(LayoutInflater inflater, ViewGroup container, Bundle savedInstanceState) {
        // LayoutInflater を利用して、レイアウトをリソースとして読み込む
        View view = inflater.inflate(R.layout.fragment_main, container, false);
        return view;
    }
}
//Viewを持たないFragmentの場合
public class MainFragment extends Fragment {
    @Override
    public View onCreateView(LayoutInflater inflater, ViewGroup container, Bundle savedInstanceState) {
        // View を持たない Fragment は、ここで null を返す
        return null;
    }
}
・onActivityCreated(Bundle)
ActivityのonCreateの状態の処理が終わったことを示す状態。

・onStart()
FragmentがActivity から切り離される状態。

・onResume()
FragmentのUIが構築され、ユーザとのインタラクションが出来るようになった状態。

・onPause()
ユーザが別の画面への遷移をしようとして Fragment から離れていこうとした状態です。
永続化するべき情報はここで保存させておく。
この状態になったからといって、Fragmentがメモリから破棄されるわけではない。

・onStop()
フォアグラウンドで無くなった場合に呼び出される。 (ユーザに見えない状態)

・onDestroyView()
View などのコンポーネントに紐付いた各種リソースを開放するための状態
ここでFragmentへの参照がViewやコンポーネントに残っていると、メモリリークを起こします。

・onDestroy()
Fragment が完全にメモリから破棄される直前の状態

・onDetach()
FragmentがActivityからの切り離される状態

公式ドキュメントの方には次のように載っていました。



実際に下記のプログラムで実行の流れを確認してみました(・д・)ジーッ
■AndroidManifest.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.fragment4"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="8"
        android:targetSdkVersion="8" />

    <application
        android:allowBackup="true"
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:theme="@style/AppTheme" >
        <activity
            android:name="com.example.fragment4.MainActivity"
            android:label="@string/app_name" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>
■fragment_main.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical"
    android:gravity="center"
    android:background="#eeeeee"
    >
     
    <TextView
        android:id="@+id/text_view"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:layout_marginBottom="10dp"
        />
     
    <ImageView
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:src="@drawable/ic_launcher"
        />
 
</LinearLayout>

■activity_main.xml
<LinearLayout
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical" >
 
    <LinearLayout
        android:id="@+id/layout_fragment_1"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="0dp"
        android:layout_weight="1"
        android:orientation="vertical"
        android:background="#ff0000"
        />
 
</LinearLayout>

■MainFragment.java
package com.example.fragment4;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.support.v4.app.Fragment;
import android.util.Log;
import android.view.LayoutInflater;
import android.view.View;
import android.view.ViewGroup;
import android.widget.TextView;

public class MainFragment extends Fragment {
 public static String TAG = "MainFragment";

 /*
  * Fragmentが Activityに対して何らかのコールバックを提供する場合、
  * Activityが必要なインタフェースを備えているかどうかチェックなどを行う。
  * 
  * @see android.support.v4.app.Fragment#onAttach(android.app.Activity)
  */
 @Override
 public void onAttach(Activity act) {
  super.onAttach(act);
  Log.d(TAG, "Fragment-onAttach");
 }

 /*
  * Fragment がユーザに見える状態になるまで保持しておくべきコンポーネントの初期化。
  * 
  * @see android.support.v4.app.Fragment#onCreate(android.os.Bundle)
  */
 @Override
 public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
  super.onCreate(savedInstanceState);
  Log.d(TAG, "Fragment-onCreate");
 }

 /*
  * Fragment が持つ View を構築する状態です。 View を持たない Fragment は、ここで null を返す
  * 
  * @see
  * android.support.v4.app.Fragment#onCreateView(android.view.LayoutInflater,
  * android.view.ViewGroup, android.os.Bundle)
  */

 @Override
 public View onCreateView(LayoutInflater inflater, ViewGroup container,
   Bundle savedInstanceState) {
  Log.d(TAG, "Fragment-onCreateView");
  // Bundleで保存されたデータを復元
  String title = getArguments().getString("title");

  //
  Log.d("onCreateView", title);

  // 第1引数:レイアウトXMLファイルのリソースID、
  // 第2引数:
  // 第3引数:trueにするかfalseにするかで戻り値となるルートビュー(View)が変わる。
  // trueの場合には、第2引数で渡したViewGrou、falseの場合には第1引数で渡したリソースIDがルートビューになる
  View view = inflater.inflate(R.layout.fragment_main, container, false);
  //
  TextView text = (TextView) view.findViewById(R.id.text_view);
  text.setText(title);
  //
  return view;
 }

 /*
  * Activity の onCreate の状態の処理が終わったことを示す状態です。
  * 
  * @see android.support.v4.app.Fragment#onActivityCreated(android.os.Bundle)
  */
 @Override
 public void onActivityCreated(Bundle bundle) {
  super.onActivityCreated(bundle);
  Log.d(TAG, "Fragment-onActivityCreated");
 }

 /*
  * Fragment の UI が構築され、ユーザに見える状態です。
  * 
  * @see android.support.v4.app.Fragment#onStart()
  */
 @Override
 public void onStart() {
  super.onStart();
  Log.d(TAG, "Fragment-onStart");
 }

 /*
  * Fragment の UI が構築され、ユーザとのインタラクションが出来るようになった状態です。
  * 
  * @see android.support.v4.app.Fragment#onResume()
  */
 @Override
 public void onResume() {
  super.onResume();
  Log.d(TAG, "Fragment-onResume");
 }

 /*
  * ユーザが別の画面への遷移をしようとして Fragment から離れていこうとした状態です。 Activity
  * と同じく、この時点で、永続化するべき情報を保存するようにしておきます。 必ずしもこの後の状態へ遷移し、Fragment
  * がメモリから破棄されるわけではありません。
  * 
  * @see android.support.v4.app.Fragment#onPause()
  */
 @Override
 public void onPause() {
  super.onPause();
  Log.d(TAG, "Fragment-onPause");
 }

 /*
  * Fragment がユーザに見えない状態です。
  * 
  * @see android.support.v4.app.Fragment#onStop()
  */
 @Override
 public void onStop() {
  super.onStop();
  Log.d(TAG, "Fragment-onStop");
 }

 /*
  * Fragment が扱う View などのコンポーネントに紐付いた各種リソースを開放するための状態 ここで Fragment への参照が View
  * やコンポーネントに残っていると、メモリリークを起こします。
  * 
  * @see android.support.v4.app.Fragment#onDestroyView()
  */
 @Override
 public void onDestroyView() {
  super.onDestroyView();
  Log.d(TAG, "Fragment-onDestroyView");
 }

 /*
  * Fragment が完全にメモリから破棄される直前の状態です。
  * 
  * @see android.support.v4.app.Fragment#onDestroy()
  */
 @Override
 public void onDestroy() {
  super.onDestroy();
  Log.d(TAG, "Fragment-onDestroy");
 }

 /*
  * Fragment が Activity から切り離される状態です。
  * 
  * @see android.support.v4.app.Fragment#onDetach()
  */
 @Override
 public void onDetach() {
  super.onDetach();
  Log.d(TAG, "Fragment-onDetach");
 }

}
■MainActivity.java
package com.example.fragment4;

import android.os.Bundle;
import android.support.v4.app.FragmentActivity;
import android.support.v4.app.FragmentManager;
import android.support.v4.app.FragmentTransaction;
import android.util.Log;

public class MainActivity extends FragmentActivity {
 public static String TAG = "MainActivity";

 @Override
 protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
  super.onCreate(savedInstanceState);
  setContentView(R.layout.activity_main);

  Log.d(TAG, "Activity-onCreate");

  // Fragmentを管理するFragmentManagerを取得
  FragmentManager manager = getSupportFragmentManager();
  // 追加や削除などを1つの処理としてまとめるためのトランザクションクラスを取得
  FragmentTransaction tx = manager.beginTransaction();

  // 1つ目のfragmentを生成
  MainFragment fragment1 = new MainFragment();
  Bundle bundle1 = new Bundle();
  bundle1.putString("title", "キタ――(゚∀゚)――!!");
  // フラグメントに渡す値をセット
  fragment1.setArguments(bundle1);

  // Fragment をスタックに追加する
  // メインレイアウトに対して追加先のビューのID、Fragment、Fragmentのタグ。
  // add() したときに既にバックスタックに同じタグの Fragment が存在する場合、
  // Fragment は新規作成されず、既にインスタンス化してある Fragment が再表示される。
  tx.add(R.id.layout_fragment_1, fragment1, "layout_fragment_1");
  // tx.add(R.id.layout_fragment_2, fragment2, "layout_fragment_2");
  //
  tx.commit();
 }

 @Override
 public void onStart() {
  super.onStart();
  Log.d(TAG, "Activity-onStart");
 }

 @Override
 public void onRestart() {
  super.onRestart();
  Log.d(TAG, "Fragment-onRestart");
 }

 @Override
 public void onResume() {
  super.onResume();
  Log.d(TAG, "Activity-onResume");
 }

 @Override
 public void onPause() {
  super.onPause();
  Log.d(TAG, "Activity-onPause");
 }

 @Override
 public void onStop() {
  super.onStop();
  Log.d(TAG, "Activity-onStop");
 }

 @Override
 public void onDestroy() {
  super.onDestroy();
  Log.d(TAG, "Activity-onDestroy");
 }

}
実行結果は次のようになります。

特に何もしてないのでデバッグ用のログの方を確認してみます。
ログの出力結果は次のようになりましたφ(`д´)メモメモ...

■起動時に発生した流れ。
1.Activity-onCreate
2.Fragment-onAttach
3.Fragment-onCreate
4.Fragment-onCreateView
5.Fragment-onActivityCreated
6.Fragment-onStart
7.Activity-onStart
8.Activity-onResume
9.Fragment-onResume
想定どおりの動き(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン

■回転させた時に発生した流れ。
1.Fragment-onPause
2.Activity-onPause
3.Fragment-onStop
4.Activity-onStop
5.Fragment-onDestroyView
6.Fragment-onDestroy
7.Fragment-onDetach
8.Activity-onDestroy
9.Fragment-onAttach
10.Fragment-onCreate
11.Activity-onCreate
12.Fragment-onCreateView
13.Fragment-onActivityCreated
14.Fragment-onAttach
15.Fragment-onCreate
16.Fragment-onCreateView
17.Fragment-onActivityCreated
18.Fragment-onStart
19.Fragment-onStart
20.Activity-onStart
21.Activity-onResume
22.Fragment-onResume
23.Fragment-onResume

あれ、何か微妙に挙動が想像と違う:(;゙゚'ω゚'):
FragmentのonStartが2回呼ばれてしまっているのはなぜっ!(´ε`;)ウーン…

というか、その前にonAttach、onCreate、onCreateViewが2回呼ばれてしまっている。
エミュレーターだからかな?と思い実機でやってみたけど同じ現象でした・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

これが通常の動作なのかな?( ゚д゚)

だとしたら初期化を1度しか行いたいたくない時とか、
別途処理を追加する必要があるのかな~?と思いながらgoogle先生に聞いてみたら、
Fragmentの初期化(onCreate、onCreateView)を1度しかやらせない方法はあるそうでした。
次はその手順を書きたいと思います(`・ω・´)シャキーン

以上です(`・ω・´)ゞビシッ!!

参考URL

0 件のコメント:

コメントを投稿