2013年9月13日金曜日

GridViewを使ってみる(Adapterのカスタマイズ)

前回の「GridViewを使ってみる 」では、
AdapterにArrayAdapterを利用して文字列をセットして扱いました。

今回は、AdapterをカスタマイズできるようにArrayAdapterクラスを継承させて
Adapterを作成したものを使ってみたいと思います。

■AndroidManifest.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.gridview2"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="8"
        android:targetSdkVersion="8" />

    <application
        android:allowBackup="true"
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:theme="@style/AppTheme" >
        <activity
            android:name="com.example.gridview2.MainActivity"
            android:label="@string/app_name" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>


■activity_main.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:orientation="vertical"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:background="#000000">
    <GridView android:id="@+id/gridView1"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent"
        android:numColumns="4"
        android:verticalSpacing="10dp"
        android:horizontalSpacing="10dp">
    </GridView>
</LinearLayout>

■MainActivity.java
package com.example.gridview2;

import java.util.ArrayList;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.view.Menu;
import android.widget.GridView;

public class MainActivity extends Activity {

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);
 
        //GridViewに表示するデータを作成する
        ArrayList<String> list = new ArrayList<String>();
 
        int length = 100;
        for(int i = 0; i < length; i++){
         list.add(String.valueOf(i));
        }
        
        //カスタムアダプターを生成
        CustomAdapter adapter = new CustomAdapter(getApplicationContext(), R.layout.grid, list);
 
        //GridViewを取得する
        GridView gridView = (GridView) findViewById(R.id.gridView1);
        
        //GridViewにカスタムアダプターを設定する
        gridView.setAdapter(adapter);
    }

 @Override
 public boolean onCreateOptionsMenu(Menu menu) {
  // Inflate the menu; this adds items to the action bar if it is present.
  getMenuInflater().inflate(R.menu.main, menu);
  return true;
 }

}

■CustomAdapter.java

Adapterの作成する際の注意点として、
次の点に気をつけるようにした方が良いそうです。
Adapterの高速化
このgetViewメソッドは、新しいデータが表示されるタイミングで呼び出されます。
ListViewなら、スクロールして、画面外から新しいデータが表示されるタイミングです。
こういった性質上、スクロールの度に何度も何度も呼び出されるため、
getViewメソッドで無駄な処理があると、スクロールにひっかかりが出来るなど、
パフォーマンスに直結した悪影響を及ぼします。
package com.example.gridview2;

import java.util.ArrayList;

import android.content.Context;
import android.view.LayoutInflater;
import android.view.View;
import android.view.ViewGroup;
import android.widget.ArrayAdapter;
import android.widget.TextView;

public class CustomAdapter extends ArrayAdapter<String> {

 //
 private Context context = null;
 // アダプターに渡したリスト
 private ArrayList<String> data = null;
 //
 private int resource = 0;

 public CustomAdapter(Context context, int resource, ArrayList<String> data) {
  super(context, resource, data);
  //
  this.context = context;
  this.resource = resource;
  this.data = data;
 }

 /*
  * 指定された項目を識別するためのIDを取得する
  * 
  * @see android.widget.ArrayAdapter#getItemId(int)
  */
 @Override
 public long getItemId(int position) {
  return position;
 }

 /*
  * 指定された項目を取得する
  * 
  * @see android.widget.ArrayAdapter#getItem(int)
  */
 @Override
 public String getItem(int position) {
  return data.get(position);
 }

 /*
  * データの項目数を取得する
  * 
  * @see android.widget.ArrayAdapter#getCount()
  */
 @Override
 public int getCount() {
  return data.size();
 }

 /*
  * 1アイテム分のビューを取得.
  * 
  * @param Integer ビューの何番目が必要になったか。
  * 
  * @param View
  * 可能な場合不要なビューを再利用する。膨大な量の情報を出力する場合にオブジェクトを可能な限り再利用する。nullの場合には再利用できるオブジェクトがないため
  * 、オブジェクトを生成する。
  * 
  * @param ViewGroup 選択されたAdapterのビューとなる。GridViewになる。
  * 
  * @see android.widget.ArrayAdapter#getView(int, android.view.View,
  * android.view.ViewGroup)
  */
 @Override
 public View getView(int position, View convertView, ViewGroup parent) {

  // Viewが無かった場合
  if (convertView == null) {
   // コンストラクタで渡されたレイアウトのリソースIDからViewを取得するため、LayoutInflaterを取得する
   LayoutInflater inflater = (LayoutInflater) getContext()
     .getSystemService(Context.LAYOUT_INFLATER_SERVICE);
   // レイアウトファイルをViewに変換する(レイアウトに記述されているルートのViewになる)
   convertView = inflater.inflate(resource, null);
  }

  // 取得したビューのキャスト
  TextView view = (TextView) convertView;

  // 対象のアイテムを取得する
  String text = getItem(position);

  // TextViewに文字列を設定する
  view.setText(text);

  return view;
 }
}
実行結果は次のようになります。


以上です(`・ω・´)ゞビシッ!!

参考URL

0 件のコメント:

コメントを投稿