2013年9月12日木曜日

GridViewを使ってみる

今回はGridViewを使ってみたいと思います(`・ω・´)シャキーン

見た目がグリッド状になっているViewらしく、画像が多いアプリを作りたいとは思っているのでこれは使えるかも(・∀・)イイ!!

AndroidManifest.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.gridview1"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="8"
        android:targetSdkVersion="8" />

    <application
        android:allowBackup="true"
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:theme="@style/AppTheme" >
        <activity
            android:name="com.example.gridview1.MainActivity"
            android:label="@string/app_name" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>
activity_main.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:orientation="vertical"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:background="#000000">
    <GridView android:id="@+id/gridView1"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent"
        android:numColumns="4"
        android:verticalSpacing="10dp"
        android:horizontalSpacing="10dp">
    </GridView>
</LinearLayout>
MainActivity.java

ArrayAdapterで指定しているandroid.R.layout.simple_list_item_1は、
あらかじめAndroid側で用意されているレイアウトリソース名。
Android標準で用意されているレイアウトについてはこちらにあるみたいです
R.layout

AdapterにはArrayAdapterを利用しています。
Adapterクラスは、データソースとビューのつなぎ役を果たすもので、
Viewで表示すべきデータはAdapterクラスを利用するようになります。

Adapterクラスが内部のデータの違いを吸収してくれるので、
View側は型の違いなどを意識せずに処理を行えるそうです。
package com.example.gridview1;

import java.util.ArrayList;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.view.Menu;
import android.widget.ArrayAdapter;
import android.widget.GridView;

public class MainActivity extends Activity {

 @Override
 public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
  super.onCreate(savedInstanceState);
  setContentView(R.layout.activity_main);

  // GridViewに表示するデータを作成する
  ArrayList<String> list = new ArrayList<String>();

  int length = 100;
  for (int i = 0; i < length; i++) {
   list.add(String.valueOf(i));
  }

  // ArrayAdapterを生成する
  ArrayAdapter<String> adapter = new ArrayAdapter<String>(
    getApplicationContext(), android.R.layout.simple_list_item_1,
    list);

  // GridViewを取得する
  GridView gridView = (GridView) findViewById(R.id.gridView1);

  // GridViewにカスタムアダプターを設定する
  gridView.setAdapter(adapter);
 }

 @Override
 public boolean onCreateOptionsMenu(Menu menu) {
  // Inflate the menu; this adds items to the action bar if it is present.
  getMenuInflater().inflate(R.menu.main, menu);
  return true;
 }

}

実行結果は次のようになります。

以上です(`・ω・´)ゞビシッ!!

参考URL

0 件のコメント:

コメントを投稿