2013年9月4日水曜日

Android開発環境を整える(Androidプロジェクトの作成)

前回までの記事でAndroid開発環境の設定が終わりましたので、
今回は4番目の「Androidプロジェクトの作成」を行いたいと思います(`・ω・´)シャキーン

関連記事一覧
1.JAVA JDK & Android SDKをインストールする
2.Eclipseのインストール
3.AVDの作成
4.Androidプロジェクトの作成

■手順1.Androidプロジェクトの作成

File > New > Other...を選択する。


Android > Android Application Projectを選択して、「Next」を押す。


New Android Application画面が開いたら次ように入力する。

Application Name:Hello
Project Name:Hello
Package Name:com.example.hello
Minimum Required SDK:API 8: Android 2.2 (Froyo)
Target SDK:API 17: android 4.2 (Jelly Bean)
Compile With:API 18: Android 4.3 (Jelly Bean)
Theme:Holo Light with Dark Action Bar

Application Name:アプリケーション名
Project Name: プロジェクト名(ワークスペース内にプロジェクトとして表示)
Package Name: パッケージ名(最初に動作するプログラムのパッケージ)
Minimum Required SDK: 動作するために必要な最低限のAndroid SDKバージョン
Target SDK: 対象のAndroid SDKバージョン
Compile With: コンパイルするAndroid SDKバージョン
Theme: 画面のアクションバーの設定

New Android Application
何も変更せずに「Next」を押す
各項目の説明

・Create custom launcher icon
起動用アイコン画像を設定するか否か(チェックを入れるとアイコン画像設定画面が次に表示)

アプリの起動アイコンをあとで設定する場合は、
「Create custom launcher icon」のチェックをはずす。

・Create Activity
アクティビティクラスを作成するか否か

・Mark this project as a library
このプロジェクトをライブラリとするか否か

・Create Project in Workspace
プロジェクトをワークスペースに作成するか否か

Configure Launcher Icon

何も変更せずに「Next」を押す

※1つ前の画面で「Create custom launcher icon」のチェックを外していた場合には表示されない。

Create Activity

何も変更せずに「Next」を押す
(Create Activityにチェックが入ってる事を確認する)

・BlankActivity
通常のアクティビティ

・MasterDetailFlow
フラグメント(画面分割用)を使ったアクティビティ

 Blank Activity
何も変更せずに「Finish」を押す

・Activity Name
最初のアクティビティクラス名

・Layout Name
最初のレイアウト設定ファイル名

・Navigation Type
ナビゲーションタイプ(タブやドロップダウンなど)

暫く待つとプロジェクトが作成され、次のような画面に切り替わります。


これで、プロジェクトの作成は完了になります。

Eclipseの左上にある「Package Explorer」に、作成した「Hello」というプロジェクトが表示される。


次はとりあえずコンパイルを行って、実際にエミュレーターで動作するか確認してみます。

■手順2.Androidプロジェクトのコンパイル

Package Explorerにある「Hello」プロジェクトを右クリックして、
Run As > Android Applicationを選択してクリックします。



そうするとAVDが立ち上がり、プロジェクトが実行されAVDのデフォルトの画面が表示されます。


画面ロックを解除すると、コンパイルしたアプリケーションが実行され、
Hello world!という文字が表示されると思います。 (゚∀゚)キタコレ!!


以上です(`・ω・´)ゞビシッ!!
参考URL

0 件のコメント:

コメントを投稿