2012年10月13日土曜日

zabbixのインストール(MySQLの設定)

■手順1)mysqlが起動してることを確認する。
# ps -fe | grep -i [m]ysql
root     19058   524  0 18:12 pts/0    00:00:00 /bin/sh /usr/bin/mysqld_safe
mysql    19333 19058 64 18:12 pts/0    00:13:35 /usr/libexec/mysqld --basedir=/usr --datadir=/var/lib/mysql --plugin-dir=/usr/lib64/mysql/plugin --user=mysql --log-error=/var/lib/mysql/mysql-error.log --pid-file=/var/lib/mysql/v2671.vir.kagoya.net.pid --socket=/var/lib/mysql/mysql.sock --port=3306
■手順2)データベース「zabbix」を作成
mysqladmin -u root -p create zabbix --default-character-set=utf8
Enter password:
■手順3)データベースにZABBIX接続ユーザ「zabbix」を作成
#mysqlにログイン
mysql -uroot
#アカウントを作成IDとパスワードの設定
GRANT ALL PRIVILEGES ON zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'zabbix';
#設定を反映
FLUSH PRIVILEGES;
■手順4)ZABBIXデータベースにデータをリストアする
インストールしたパッケージのバージョン値を確認
# ls /usr/share/doc/ -alt | grep zabbix
drwxr-xr-x   2 root root  4096 10月 13 18:24 2012 zabbix-agent-1.8.15
drwxr-xr-x   5 root root  4096 10月 13 18:24 2012 zabbix-server-1.8.15
drwxr-xr-x   2 root root  4096 10月 13 18:24 2012 zabbix-server-mysql-1.8.15
drwxr-xr-x   2 root root  4096 10月 13 18:24 2012 zabbix-web-1.8.15
drwxr-xr-x   2 root root  4096 10月 13 18:22 2012 zabbix-jp-release-6
■手順5)リストアする
手順4で確認したzabbix-serverのバージョンに合わせて行う。
今回は1.8.15だったの次のようになります
# mysql -uroot -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-1.8.15/schema/mysql.sql
Enter password:
# mysql -uroot -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-1.8.15/data/data.sql
Enter password:
# mysql -uroot -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-1.8.15/data/images_mysql.sql
Enter password:
以上でZabbixのMySQLの設定は完了です! 次は、Zabbixのインターフェイスの設定になります。(`・ω・´)ゞビシッ!!

0 件のコメント:

コメントを投稿