2012年10月31日水曜日

zabbix_agentの設定(監視対象サーバー側の設定)

監視対象サーバーの情報を収集するために、対象サーバーにzabbix_agentをインストールする必要があります。
まずは、RPMのダウンロード
#ダウンロード
wget http://www.zabbix.jp/binaries/relatedpkgs/rhel6/x86_64/zabbix-jp-release-6-5.noarch.rpm
RPMをインストールする。
# rpm -ihv zabbix-jp-release-6-5.noarch.rpm
バージョンの確認
# alternatives --display zabbix-jp-release
zabbix-jp-release -ステータスは自動です。
リンクは現在 /usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.8.repo を指しています。
/usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.1.repo - 優先項目 10
/usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.4.repo - 優先項目 20
/usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.6.repo - 優先項目 30
/usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.8.repo - 優先項目 40
現在の「最適」バージョンは /usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.8.repo です。
zabbix_agentをインストールする。
# yum install zabbix-agent
zabbix_agentd.confは、スタンドアロンで動作するものと、
xinetdを経由で動作するzabbix_agentの2種類ある。

xinetd経由のzabbix_agentはログ監視機能が利用できないなどいくつかの制限がある。
基本的にスタンドアロンのzabbix_agentdを利用する。
設定ファイルの編集
# vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf

#48行目に次の行を追加。デバッグログの出力設定。必要なければ設定しない。
DebugLevel=4

#86行目のServerに、zabbix_serverのIP アドレスを指定する(複数ある場合にはカンマ区切りで)
Server=zabbixサーバーのIPアドレス

#109行目のHostnameに自身のhostnameを設定。zabbixエージェントのアクティブチェックを利用する場合には必須。
Hostname=hoge.hogehoge.com

#134行目のListenIPに監視対象サーバー自身のIPアドレスを指定する
ListenIP=監視対象サーバー自身のIPアドレス
zabbix_agentを起動する
# /etc/init.d/zabbix-agent start
Starting zabbix agent:                                     [  OK  ]

#確認
# /etc/init.d/zabbix-agent status

#自動起動設定
chkconfig zabbix-agent on
停止方法は次のコマンドになります。
# /etc/init.d/zabbix-agent stop
Shutting down zabbix agent:                                [  OK  ]
zabbix_agentのログファイルの場所はこちら。
view /var/log/zabbix/zabbix_agentd.log
以上(`・ω・´)ゞビシッ!!
参考URL

0 件のコメント:

コメントを投稿