2012年10月16日火曜日

まっさらのvpsにzabbixを導入 その3(イベント発生時のメール送信設定)

設定したトリガーに対してイベント(障害)が起きた際に、設定したメールアドレスにメール送信をする設定を記載します。

大まかに言って、下記3工程の設定が必要です。
1.ユーザのメールアドレス設定
2.アクションの設定
3.メディアタイプの設定

 1.ユーザのメールアドレス設定
ユーザにメールアドレスを設定します。
ここでは、既存のユーザ「Admin」にメアド「aaa@aaa.aaa」を設定します。

[管理]→[ユーザ]

右上のプルダウンから[ユーザ]を選択

[メディア]項目の【追加】
・タイプ:Email
・送信先:aaa@aaa.aaa  
・有効な時間帯:1-7,00:00-24:00  
・指定した深刻度の時に使用:全てチェック
・ステータス:有効







2.アクションの設定
イベントが生成された(障害が起きた)時に、何を行うかを設定する部分です。
ここでは、Adminユーザに登録されたメアドにメールを送信するように設定します。

[設定]→[アクション]→【アクションの作成】
・アクション、アクションのコンディションは画像の通り。(アクションの名前は任意、他の値はデフォルト値です)
・アクションのオペレーションに、1でメアドを設定したユーザ「Admin」を登録します。








3.メディアタイプの設定
SMTPサーバの設定をデフォルトから変更します。
[管理]→[メディアタイプ]→Emailを選択

SMTPの設定を
・SMTPサーバ:localhost→127.0.0.1
・SMTP helo :localhost→127.0.0.1
に変更します。






以上で、イベント発生時のメール送信設定は完了です。

0 件のコメント:

コメントを投稿