2012年10月30日火曜日

DNSゾーン設定

  • IPアドレスとホスト名の関連付け


SOAレコード
$TTL 600
@ IN SOA NS1.DO-REG.JP. root.example.com. (
     1210301700 ; Serial
     10800 ; Refresh 3 hour
     3600 ; Retry 1 hour
     360000 ; Expire 100 hours
     3600 ; Minium 1 hours
     )

★ゾーンファイルを更新する際は、Serial値を前回より大きい値にしないと更新されない。

1207271500 ; Serial・・・12年07月27日15時00分

1210301400 ; Serial・・・12年10月30日14時00分

YYMMDDHHMM形式で管理
本来はYYYYMMDDnn(nnは当該日の連番)が推奨のようです。


2012110801 ; Serial・・・2012年11月08日01連番に変更


$TTL 600
@ IN SOA NS1.DO-REG.JP. root.example.com. (
     1210301700 ; Serial
;     10800 ; Refresh 3 hour
;     3600 ; Retry 1 hour
     1800 ; Refresh 30min
     900 ; Retry 15min
     360000 ; Expire 100 hours
     3600 ; Minium 1 hours
     )

★Refresh / Retryの値を下げると、設定反映までの時間が早くなる。
;は、コメント行


---------------------------------------------------------------------
Aレコード、CNAMEレコード

先頭のホスト名指定なしは、wwwなしのドメイン
   IN A XXX.XXX.XXX.103
example.com = XXX.XXX.XXX.103


IPは一番後ろにピリオド必要なし
www  IN A XXX.XXX.XXX.103
www.example.com = XXX.XXX.XXX.103


ドメインの場合?は一番後ろにピリオドが必要
CNAMEは別名
大文字はエラーになるようです(lbvIP01反映されず、lbvip01で反映された)
staging  IN CNAME web01.example.com.
staging.example.com = web01.example.com


ピリオドが無いとexample.comが付与される?
試してないが↑と↓は一緒かも
staging  IN CNAME web01

@IT:メール/Webサーバを効率的に動かすゾーン設定(1/2)からの引用になります。
CNAMEは便利ですが、小規模なサイトであれば、CNAMEよりも複数のAレコードを用いた方が問い合わせの負荷を減らすことができます。あるクライアントがwww.example.jpを問い合わせてきたとき、それがCNAMEの場合はいったん正規のホスト名(この場合はhost1.example.jp)を調べ、その後正規ホストのIPアドレスをクライアントに返します。つまり、ゾーンファイルを2回参照することになります。もし、www.example.jpをAレコードで定義していれば、ゾーンファイルの参照は1回で済みます。


DNSラウンドロビンにする場合は、TTL値(↓60)が必要っぽい
TTL値なしだと反映されず!

www  60 IN A XXX.XXX.XXX.103
www  60 IN A XXX.XXX.XXX.143

---------------------------------------------------------------------
nslookup(WindowsPC)で設定情報を確認する
Aレコード
C:\>nslookup example.net
MXレコード
C:\>nslook
C:\>set type=mx
C:\>mail.example.net
SPFレコード
C:\>nslookup -type=TXT mail.example.net
NSレコード
C:\>nslook
C:\>set type=ns
C:\>mail.example.net
SOAレコード
C:\>nslook
C:\>set type=soa
C:\>mail.example.net
---------------------------------------------------------------------
◆Doレジ 管理画面 手順

1.Doレジ 会員専用ページへログイン
https://regist.do-reg.jp/login.reg

2.左カラムメニューの[オプションサービス][DNSサービス]リンクをクリックする

3.■ご利用ドメイン一覧の[DNSゾーン設定]ボタンをクリックする

4.■上級者向け設定モードの[ゾーンファイルのアップロード]ボタンをクリックする

5.■記述例の下の[現在のDNSゾーン設定確認]ボタンをクリックする

6.表示された設定情報の「zoneファイル内容」の下($TTL以降)をコピーしテキストファイルに保存する
(ファイル名は何でも良い)

7.テキストファイルの設定情報を更新する。記述はBIND9形式。最後にSerialの数値を上げる

8.■ゾーンファイルアップロードフォームの[参照]ボタンから更新したテキストファイルを指定し[次へ]ボタンをクリックする

9.内容を確認して[この内容で設定する]ボタンをクリックする

---------------------------------------------------------------------
参考URL

0 件のコメント:

コメントを投稿