2012年10月10日水曜日

kagoya vpsを使ってみた。その2(yumリポジトリ設定・前編)

前回からの続き。

yumで管理するのでリポジトリの確認をしてみる。

ls -l  /etc/yum.repos.d/
-rw-r--r-- 1 root root 1981  6月 24 15:39 CentOS-Base.repo
-rw-r--r-- 1 root root  631  8月 29  2011 CentOS-Debuginfo.repo
-rw-r--r-- 1 root root  626  8月 29  2011 CentOS-Media.repo
-rw-r--r-- 1 root root 5390  8月 29  2011 CentOS-Vault.repo
-rw-r--r-- 1 root root  219  7月  8  2010 vz.repo
テストで色々とインストールするので、
サードパーティのrpmforge、rpm、elrepo、remiリポジトリを追加しておく(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン
追加されているか確認するには、
rpm -q rpmforge-release
パッケージ rpmforge-release はインストールされていません。

サードパーティ製のリポジトリを追加した際に優先順位をつけるプラグインをインストールする
yum install yum-priorities
「priority=優先度」の形式でプライオリティを設定します。
優先度は1~99で、値が小さいほど優先度が高くなります。
priorityが未設定のレポジトリは優先度99として動作します。


■手順1)epelリポジトリの追加
RemiリポジトリはEPELリポジトリに依存しているため、両方追加する必要があります。
先にepelを追加しておくこと
epelのドメインが変更になったようなので、公開鍵、ドメインの変更を行う。
・公開鍵、ドメイン変更
rpm --import http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL
・ダウンロード
CentOS 6 32bit版用
wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/epel-release-6-7.noarch.rpm
CentOS 6 64bit版用
wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-7.noarch.rpm
・追加
rpm -ivh epel-release-6-7.noarch.rpm
・確認
rpm -q epel-release
epel-release-6-7.noarch
■手順2)remiリポジトリの追加
先にepelを追加しておくこと
リポジトリの最新版64bit版のアーカイブはこちらにあります。
・ダウンロード
CentOS 5用
wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm
CentOS 6用
wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
・追加
CentOS 5用
rpm -ivh remi-release-5.rpm
CentOS 6用
rpm -ivh remi-release-6.rpm
・確認
rpm -q remi-release
remi-release-6-1.el6.remi.noarch
■手順3)ELRepoリポジトリ追加
・公開鍵の追加
rpm --import http://elrepo.org/RPM-GPG-KEY-elrepo.org
・ダウンロード
CentOS 5用
wget http://elrepo.org/elrepo-release-5-2.el5.elrepo.noarch.rpm
CentOS 6用
wget http://elrepo.org/elrepo-release-6-2.el6.elrepo.noarch.rpm
・追加
CentOS 5用
rpm -ivh elrepo-release-5-2.el5.elrepo.noarch.rpm
CentOS 6用
rpm -ivh elrepo-release-6-2.el6.elrepo.noarch.rpm
・確認
rpm -q elrepo-release
elrepo-release-6-4.el6.elrepo.noarch
■手順4)REPMforgeリポジトリ追加
・公開鍵の追加
最初にrpmコマンドを実行すると「不明または予期せぬエラー」が発生するので
まず、wgetコマンドを実行して、追加する。
wget http://apt.sw.be/RPM-GPG-KEY.dag.txt
rpm --import RPM-GPG-KEY.dag.txt
・ダウンロード
CentOS 5 64bit版用
wget http://packages.sw.be/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.x86_64.rpm
CentOS 6 64bit版用
wget http://packages.sw.be/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.x86_64.rpm
・追加
CentOS 5 64bit版用
rpm -Uvh rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.x86_64.rpm
CentOS 6 64bit版用
rpm -Uvh rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.x86_64.rpm
・確認
rpm -q rpmforge-release
rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.x86_64

次も、yumリポジトリ設定関連を行いたいと思います。 参考URL

0 件のコメント:

コメントを投稿